“小学校の受験に成功するためには両親の努力が必要ですが、それだけでは不十分です。小学校受験をするのは子供なので、子供のことを第一に考える必要があります。一番大切なことは、子供の能力を引き出すことです。どんな子供も素晴らしい能力を秘めています。それを引き出すことに成功したら、小学校受験には成功します。親は子供が能力を発揮できる環境づくりに勤めなければなりません。親も一緒に勉強する必要はないのですが、子供が自然と机に向かう環境を整える必要があります。そのためにはテレビを見ることはやめた方が良いでしょう。ゲームも思い切ってやめましょう。この2つは楽しいものですが、受験が終わるまではやめた方が、子供にいい影響を与えます。親は読書をして、自分の教養を磨くことが大切です。

学科の試験で成功するには国語に力を入れる

小学校受験では学科の試験があります。この試験で良い点数を取ることが、受験突破のカギになります。特に国語が大切です。語彙力が基礎になりますが、読解力がないと算数の試験でも良い点数を取ることができません。読解力は文章を読み取る力なので、算数の文章題を解くときもそれが必要になります。国語が苦手な子供だったら、塾に行かせましょう。塾の先生の指導によって、国語の力を伸ばすようにします。塾を選ぶときは、いろいろな教材をたくさん読ませる塾を選んだ方が効果的です。読解力は文章を読めば読むほど上がってきます。家庭ではできるだけ本を読むようにしましょう。読書は勉強の基礎です。本かが嫌いな子供だったら、親が読み聞かせをしましょう。読み聞かせする本が選べなかったら、図書館員に聞けば、教えてくれます。

面接に備えて十分な準備をしておく

小学校受験では両親の面接もあります。この面接では親の教育方針だけではなく、親の生き方も問われます。親の生き方は、子供に大きな影響を与えるからです。立派なことを言う必要はありません。自分の生き方のモットーを簡潔にまとめて話せば、良い印象を与えることができます。教育方針では自分の意向を押し付けるのではなく、子供の個性を伸ばすことを、目指していることを伝えましょう。面接が苦手な方の場合は、小学校受験のための塾に相談しましょう。そのような塾では、受験に成功するノウハウを蓄積しています。例えば、これまで面接で聞かれたことを教えてくれます。模擬面接を行ってくれるところも多いです。模擬面接を何回か受けておけば、本番での緊張を小さくすることが可能になります。”