“お兄さん、お姉さんがいない限り親御さんにとってもお子さんにとっても小学校受験というのは初めての体験になります。よって、チェックを怠ってしまうととんでもないミスにつながってしまう恐れがあります。今回は小学校受験の前日と当日にチェックすべきことを紹介していこうと思います。前日や当日といえば親御さんもお子さんとても緊張していらっしゃるかと思いますが、そんなときこそ冷静にチェックすることが大事になってきます。例えば、前日までには受験会場の下見をされると思いますが、それにもちょっとしたポイントがあります。持ち物のチェックは相当念入りにする必要がありますよね。当日の声かけはどうしたらいいのでしょうか。このように色々なチェックポイントとそのチェックのコツを紹介していきます。

小学校受験前日にチェックすべきこと

小学校受験前日にチェックすべきことは、まず次の日の受験会場です。受験会場の下見にはみなさん行かれると思いますが、ポイントは同じ時間に下見に行く、ということです。朝は電車も混雑しますし、昼間の電車と違う駅に止まる急行などもありますから、同じ時間に下見をしてその混み具合やルートを確認すべきでしょう。昼間に下見をしていると朝の通勤ラッシュの混み具合に驚きお子さんも動揺してしまうかもしれません。次に、明日の持ち物のチェックです。親御さんも上履きが必要となる場合が多いので注意が必要です。また、鉛筆は削っているか、消しゴムは2個以上もっているか、など細かい部分の確認が必要です。ぜひ、リストをつくりひとつひとつ確認していきましょう。足りないと当日焦ってしまいます。

小学校受験当日にチェックすべきこと

小学校受験当日にチェックすべきことは、まず前日と同じルートをたどれるよう早めに家を出ましょう。持ち物の確認は前日にしているはずなので、1回チェックするだけでいいですから早めに家を出ましょう。そして、親御さんが平常心を保つことが重要です。お子さんは幼いながらにも緊張し、プレッシャーも感じています。そこで親御さんが動揺してしまったらお子さんも動揺してしまいます。ただし、頑張ってね、などとプレッシャーを増大させるようなことを言うのも禁物です。今までやってきたから大丈夫だよ、などとプレッシャーを和らげる声かけをしましょう。親御さんも緊張されると思いますが受験をするのは本人ですから緊張してしまってはしかたがありません。冷静に受験会場まで送ってあげましょう。”