“人間の生涯において必ず通らなければならないことは、自身が進みたい道に行くために力をつける場所が行っている試験を合格する受験です。一般的に受験の印象としては中学で学んだ学力を次の高校に生かす高校受験、そして高校で学んだことを次のステップに生かすための就業試験もしくは大学受験や、資格を得るための試験などが該当すると言えます。しかし近年高校受験から始まる生きたい道に行くために力をつける場所が行っている試験を合格する受験ですが、それ以前からすでに受験を受ける子供世代が増えています。その高校受験以前がから受験をすることを小学受験と呼び、小学受験は小学高の段階から受験を受けて専門の小学校に通うことです。なぜ小学校受験が増えているのかというと、それにはいくつかメリットがあるためです

小学校受験を受けるメリットとは

本来受験は高校から始まるものですが、それを前倒しして小学校から受験する小学校受験が人気なのは親にとって一番のネックになる学費の負担の問題を減らせることです。小学校受験ができる小学校は国が支援している私立小学校であり、実質学校運営に困らないので学費が安く抑えられます。さらに義務教育は中学生までで終わるため、高校からの負担が大きくなりますが小学校受験ができる学校は中高大学一環なので面接を受ければ簡単にエスカレーター式でそのまま上がれるので落第の心配がないのとそれぞれの学校でかかる費用も抑えられます。なにより子供の将来を考えて勉強を頑張らせたいと考えた時に、こういった学校は国の支援を受けているので教師一人ひとりの質と教本の質も高いので高い水準のレベルの勉強をすることができます。

小学校受験を受けることによるデメリット

親の負担軽減と質の良い教育を受けられることを保証する小学校受験ですが、逆にデメリットは何なのかを考える必要があります。小学校受験のデメリットはそもそも国が支援している特別な学校なので、厳密な審査があり受験申請しても受験そのものが受けられない場合があります。そして審査を通りぬけて受験を受け合格したとしても、その後にもデメリットはあります。エスカレーター方式のメリットは学力に関係なく中学と高校そして大学に行けることですが、その中で勉強についていける保証はないため大半は学力が育たないまま上がっていく可能性があります。さらに一度の受験で終わってしまうため外からの刺激が少なく、実際に社会に出た時に対人関係の構築や就職する際の行動力などが制限されてしまうリスクも生じます。”