“小学校入学を控えているお子様をお持ちの方で、小学校受験を考えている親御さんは現在の日本ではそれほど一般的ではありません。いわゆる「お受験」に対して抵抗をもつ親御さんや、一緒に通っている幼稚園で初めて意識したという親御さんもかなりいます。問題は、親御さんがご自身のお子様に対し、こうあるべきという未来イメージをお持ちなのかが非常に重要になってきます。親御さんご自身のご経歴は、意外と小学校受験における成功とかなり密接にかかわってくる場合も少なくないのです。親御さん自身が、高学歴であったり、エスカレーター式の学校に通っていらした場合、面接において合格しやすい学校も多くあります。勿論、そうでない方も合格していますが、ノウハウという点でも一歩遅れていることは否めません。

小学校受験準備を開始するべき時期

小学校受験を成功させるために重要なのは、準備期間です。有名私立小学校に合格させるために、幼稚園もそれ相応の専用の幼稚園に通わせる親御さんも多くいます。なぜなら、小学校受験は中学校や高校と違い、純粋な学力を見るものではなく、一般の人が受験の傾向を知ることが困難だからです。更には、年ごとに傾向も変わるため、最新の情報を知る必要があります。この点でも、まず親御さんがお子さんにどの程度の小学校に入ってほしいのか、明確なビジョンを幼稚園に入る年代までに持っておく必要があるということになります。親御さん自身が小学校受験の経験者であった場合、ある程度の目安はお持ちですし、イメージもわきやすいのですが、親御さん自身が小学校受験を経験していない場合、イメージがわかず、マスコミや同じ親同士の噂などあやふやな情報に流されがちです。

小学校受験で重要視される条件や資質

中学校以降の高校、大学では、主に学力が選考の対象ですが、小学校受験ではお子様の学力はあまり重視されません。なぜなら、小学校受験時点での学力はその後のお子様の学力を保障するものではないからです。その為、小学校受験では、学力・能力に対しては、常識的なある程度の計算、読み書き、音感、運動能力程度が審査されるくらいで、面接を重視するところが多いです。つまり、入学後にこの学校で問題なくやっていける良識と知性が備わっているのかを重点的に見ます。判断材料は、お子様の面接時及び受験を受けている時の態度と、親御さんの面接時の様子、親御さんの経歴が大きいです。面接時に同年代の他の受験者とそん色のない態度を取れることは勿論ですが、親御さんが挙動不審であったり、その学校になぜ受験したのかを面接官の納得できるように明確に説明できなければいけません。”